2006年04月04日

永谷園 炒飯たれ 焼豚味

昨年度、私はPTAの役員をしていました。そんなことは、このめっけモンブログには、全く関係はないのですが、先日、その役員会の最後に、同じ役員さんからいただいたのが、この「炒飯たれ 焼豚味」の試供品。試供品と言っても、スーパーで売っているものと同じサイズ。ただ、試供品と書いてあるだけ。

こういうものをいただくと、とてもうれしい。だって、多分、いや絶対自分では買わない部類の商品だから。

「焦がしネギ油がうまい!」とか「家庭では出せない強火炒めのおいしさをギュッとつめ込みました。」とか、かなりそそられるコピーが並んでいます。

tyahan_tare.jpg

レシピは、長ネギ使用と書いてありましたが、なかったので、玉ねぎで代用。あとは、ハムと卵とご飯でOK!

これって、シュリンク包装なので、中が見えないけど、液体なのです。
けっこう、ドロッとした液状。何か、似ている!そう、焼き肉のたれ!
ま、これは、「炒飯たれ」なので、たれ同士似ているのは、当然といえば当然。

味ですが、けっこうにんにくが効いていると感じました。焼豚味のはずなんでうが・・・。焼豚の味は、あまりわかりません。焦がしネギ油も、どうも、よくわかりません。
美味しくないことはないのです。家族には、好評でした。でも、こうなんというか、もっと「劇的」に、ネギ油が香りたつ、とか、「炎の味」とあるので、パラリ感のある炒飯になるのかな、と思ったら、そうでもありませんでした。

といいつつ、翌日、もやしと豚肉炒めに、これを使ってみました。
「あら、いい感じ、おいしいじゃん!」 私は、炒飯より、野菜炒めに使ったほうが、美味しく感じました。

お湯を注げば中華スープもできる!と書いてありますが、正直言ってキミやっこは、たれにお湯は注ぎたくないですね。
posted by キミやっこ at 16:01| Comment(1) | TrackBack(0) | めっけモン列伝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/528029

この記事へのトラックバック