2006年03月23日

門司港レトロ カマンベールチーズタルト

2度あることは3度ある? ありがたくも、三日連続お土産をいただくという自体になってしまいました。本日のお土産は、「九州の表玄関 門司港レトロのカマンベールチーズタルト」です。

mojikouretoro.jpg

確かに、レトロを意識したパッケージが、ちょっぴりおしゃれっぽいかな?
私は、このあたり行ったことないのですが、門司港の近辺は、門司港レトロ地区として街並みが整備され ノスタルジックな西洋建築物がならんでいるそうです。そうなんだ、観光地なんですね。関係ないけど、バナナの叩き売りの発祥の地とか。まあ、それはおいといて、カマンベールチーズタルトのお味です。

カマンベールチーズタルト、という響きに、かなりの期待をかけたキミやっこでありましたが、結果は、正直「・・・・?」という感じです。
どこにカマンベールチーズが入っているのだろう? 確かに、焼いているので、多少は香りは無くなっているだろうけど、でも、それを差し引いても、チーズの香りがわからない。

個別包装の袋に、かなり大きくカマンベールチーズの写真が載っているのも、かえってイヤミなくらい、あっさりとしたタルトでした。

いや、美味しくない、って言ってるわけじゃないんです。コーヒーのお供には、ちょうど良いです。

門司港近辺には、一度行ってみたいと思いました。そう思わせてくれる「門司港レトロ カマンベールチーズタルト」でございました。
posted by キミやっこ at 14:18| Comment(37) | TrackBack(0) | めっけモン列伝