2006年09月14日

「めっけモン列伝」しばらくお休みさせていただきます。

楽しみにしていただいた方、ごめんなさい。
代わりに、私の日々の雑感をまとめたブログ
キミやっこ徒然草
を書いておりますので、よろしれれば、そちらをご覧ください。

よろしくお願いいたします。

http://daily-kimiyacco.sblo.jp/
posted by キミやっこ at 13:19| Comment(61) | TrackBack(11) | めっけモン列伝

2006年06月16日

グリコ クリームコロン沖縄パイン

グリコのクリームコロン、定番のお菓子です。キミやっこの子どものころ(何年前!?)から、ず〜っとスーパーのお菓子の棚に鎮座していました。息が長いお菓子ですね。

当初は、クリームコロンしかありませんでしたが、今は、季節限定や地域限定などかなりの種類が出ているようです。

collon_okinawa.jpg

そして、今回キミやっこが選んだのは、沖縄パイン味

ハイビスカスやシーサーのイラストが、沖縄感を盛り上げてくれています。イラストのタッチも、なかなかかわいいです。

ただ、袋の色は、どちらかというとパインというより、マンゴーっぽい色合いのような気もします。

ま、キミやっこは、マンゴーも大好きなので、次回は、沖縄マンゴー味のコロンを作っていただきたいな、などと思っております。

で、肝心の味ですが、これが、パインなのですよ。はい。
少し懐かしいパイン味。最近、スーパーでよく山積みになっている ドールのパイナップルではなく、正真正銘パイン味。

クリームの柔らかさと外側のカリッとサクッと感はそのままで、後口にふわ〜っとパインの味と香りが口から鼻の奥へと広がっていきます。

今は便利で沖縄に行かなくても、グリコのネットショップで買えちゃうみたいですね。

でも、やっぱり、こういうものは、その地域の空気にふれて、その地で買いたいな〜、ああ、沖縄に行きたい。

だれか、私を沖縄につれてって!
posted by キミやっこ at 12:13| Comment(54) | TrackBack(4) | めっけモン列伝

2006年06月12日

熊カレー

先日、今日から仕切り直し!と書いて、またまた3週間ほどサボってしまいました。ううう・・・、反省です。

復帰第1作は、好評(?)お土産シリーズ、北海道「熊カレー」です。

kuma_currey.jpg


「熊カレー」って、熊を食べるの・・・? ああ、でも、しっかり「北海道産熊肉使用」って書いています。

北海道の雄大な大地に生息するヒグマをカレーにしたそうです。なんか「熊出没注意」なんて、立て看板まであるし、食べるのが怖いような、でも食べてみたいような・・・。

果たして、ヒグマ肉って、美味しいのでしょうか? 


ま、缶を見て、いろいろ「熊」に思いをはせていたわけですが、食べました!まっ白い炊き立てご飯に、熊カレー、かけていただきました。

「辛いっ!」お子様カレー専門のキミやっこには、辛いです。そういえば「辛口」って書いてました。

辛くて、忘れてました。熊肉の存在を。「熊、熊、熊」と、ルーの中を探索しましたら、ありました、ちょびっと肉片らしき物体が。

おお、これが、ヒグマの肉ですね。若干、固めのお肉です。豚よりも、牛に近いかな。でも、あまりにカレーのルーにまみれてしまって、熊肉本来の味がよくわかりません。

どきどきの熊肉初体験は、カレーの味で終わってしまいました。

ちなみに私の同居人は、「初代ボンカレーに入ってた肉に似てる」と申しておりましたが、同居人より随分と年若い(?)私めには、「初代ボンカレーの肉」の味など、わかりませ〜〜ん(と言っておきます)。

でも、カレーで、こんなにドキドキできて、1缶で「ドキドキ感と満腹感」が味わえるのは、お得かも・・・?

皆さんも、熊カレー、ぜひ一度お試しあれ〜♪

posted by キミやっこ at 15:55| Comment(3) | TrackBack(4) | めっけモン列伝

2006年05月18日

えんどうまめプリッツ えびしおプリッツ

ふと気がつけば、5月になってまだ一度も更新していませんでした。始めたときは、毎日更新が目標だったのに・・・。明日から、また仕切りなおしで、書いていきますので、よろしくお願いいたします。

さて、復帰第1作は、グリコの季節限定「えんどうまめプリッツ」と「えびしおプリッツ」です。


ebi_endou_pretz.jpg

まずは「えんどうまめプリッツ」です。

薄黄緑色のパッケージのプリッツは、あまり美味しそうではないですが、「えんどう豆」は大好きなのと、やはり季節限定という言葉には弱いです、はい。食べておかなくては! と思ってしまいました。

確かに、えんどうまめプリッツです。えんどうまめのスナック菓子とプリッツを足して2で割ったお味でした。えんどうまめが練りこまれている、ということを実感できます。えんどうまめスナックほど軽くはないけれど、いつものプリッツほど重くもない。食べた瞬間、「おー、豆だ〜!という感動を味わえるのですが、あとくちは、やっぱりプリッツという摩訶不思議なお菓子であります。

続いて、「えびしおプリッツ」。これは、以前も出ていたと思うのですが、今年は「季節限定」バージョンで出しているようです。

このえびしおプリッツ、はっきり言いましょう、「まいう〜!」です。キミやっこ的には「激うま」です。

お菓子としてお茶うけにも合うし、小腹がすいたときにもOK、もちろん、ビールにもぴったりです。

えびがたっぷり入って、昆布塩も効いてます。これをプリッツと言ってもいいのか、と思うくらいサックリした口ざわりです。

確かにプリッツの形状をしているので、プリッツなのですが(当たり前だよ!)、気持ちは上品な「かっぱえびせん」という感じかな。かっぱえびせんを少し歯ごたえをよくして、プリッツ状に伸ばしたお菓子、というと、一番よく伝わると思います。

これは、おすすめです。「夏の味」ということなので、夏までは販売されていると思います。

ぜひ、一度食べて見る価値アリです。
posted by キミやっこ at 20:07| Comment(18) | TrackBack(8) | めっけモン列伝

2006年04月25日

明治美容ヨーグルト 美しいあした ドリンクタイプ

このブログの3月24日で紹介した「植物性乳酸菌ラブレ」、超便秘体質のキミやっことしては、「これは、なかなかいいじゃん」と思い、実は、ずっと飲み続けていたのです。

しかし、近所のスーパーでは早々に店頭からなくなり、割高感を感じながらも、コンビニに通って買い続けておりました。

しか〜し、今日、いつものように、コンビニに行ってビックリ!
ラブレがない!そして、そして、昨日までラブレのあった場所に、鎮座していたのは、初めて見る「明治美容ヨーグルト 美しいあした」でした。


meijiutsukushi.jpg


思わずコンビニのおねーさんに、「ラブレは・・・?」と聞いたら、「いや、今度いつ入るかわからないのです。」という悲しいお答え。

新製品というのは、はかないものである、というのはわかっていましたが、自分が欲しいと思っている商品が、いきなり売り場から消えちゃうというのは、けっこうショックでした。

とりあえず気を取り直して、このラブレの代わりに置かれた「美しいあした」を買って飲むことにしました。

しかし、このネーミングもすごいですね。「美容ヨーグルト」って、一体何者?って言いたくなります。しかも、「美しいあした」ですよ。「美しいあした」。昭和30年代の歌謡曲の題名かと思いました。って、30年代、生まれてませんけど。念のため。

ともかく、世の女性は「美しく」なりたいわけです。しかし、その下のコピーを見て一挙に冷めちゃった、というか笑ってしまいました。
ハリとツヤの生活」ですよ。これって、もろ、オバサンに向けてのコピーですよね。

10代や20代の女性に向かって、ハリ・ツヤはないでしょう。そんなこと、考えたことないと思いますよ。そういうものは、あって当然のことなのだから。

ハリやツヤって、なくなって、なくなりかけて、初めてわかるものですもの。

そしてきわめつけは、「LB81乳酸菌+コラーゲン+セラミドのチカラ」。
ああ、コラーゲンにセラミドといえば、まさに美容に効くといわれている栄養分。もっと言えば、中高年向けのシミやたるみのための栄養素としても有名です。

さらに、一番上には、「美容アドバイザーの佐伯チズさんおすすめ」とあり、文字が多いパッケージです。

イラストを省き、文字だけでスッキリさせたところが、ヨーグルトのさわやかさのイメージを重ねているのでしょう。

ああ、肝心の味が最後になってしまいました。普通の「のむヨーグルト」でした。美味しく、一気に飲みました。

さ、これで、キミやっこは、美しいあしたを迎えることができるでしょう!
posted by キミやっこ at 16:24| Comment(3) | TrackBack(6) | めっけモン列伝

2006年04月19日

おー!野菜(うす塩味・マヨネーズ味)

キミやっこ御用達のコンビニはファミリーマート。しかし、昨日は普段は行かないセブンイレブンにふと入って、めっけモンを見つけました。

おー!野菜」です。これは、お野菜と、お〜!というビックリした時の感嘆符をかけた言葉ですね。ベタな世界ですが、なかなかキミやっこ的には、このネーミングは好きです。

ooshio.jpg

しかし、何より、めっけモンと思ったのは、このステキなパッケージ。新発売らしくエンドに並んでいましたが、目立っていました。野菜が、みんな縦置きで、かなりリアルに描かれています。おしゃれですよね。

美味しいか美味しくないかわかりませんが、とりあえず、このパッケージで、「買おう!」と思いました。イラストが妙にリアルなのが、すごくインパクトあります。ただ、中身は、サッポロポテトみたいに、すりつぶした野菜の粉が成形されているんだろうな〜と思っていました。

が、が、が、封を開けて、どっひゃ〜ん。ビックリ!

ほんとに、そのまんまなのです。そういえば、「そのまま野菜スティック」ってパッケージの正面に書いてありました。その通り! そのままの野菜でした。

それぞれの野菜をスティック状に切って、そのまま揚げているようです。サイトを見ると、真空フライというやり方で揚げているそうで、それが美味しさの秘密とか。気圧が低い状態で油を使ってフライし、乾燥させるのが、真空フライという方法で、これによって、野菜本来の風味と鮮やかな色彩、クリスピーな食感が楽しめるそうです。

とにかく、とにかく、食べてみましょう。

いや、お野菜のフライです。そのままですね。

封を開けて、中をみると、容器に比べて中身が少ないな、と思ってしまったのですが、いや、中身少なくてよかったです。

お菓子ではないですね、これは。じゃがいもが唯一ポテトフライなので、食べられますが、にんじん、ごぼうにいたっては、「う〜ん」というお味でした。

食べながら、思ったことは、そもそも、なんでこんな風にして野菜をたべなければならないか、ということです。にんじんやインゲン、ごぼうは、普通に料理して食べればいいんだ。今頃、気付くな〜!といわれれば、それまでですが・・・。

いや、でも、生野菜のスティックの方が、絶対美味しいと思います。

もうひとつ、気になったこと、それは、原産国が中国だということです。
てことは、これらの野菜はみんな中国産なんですよね。中国で作られて、輸入者が大塚食品とあります。

中国に対しては、偏見も何もないつもりですが、でもね、キミやっこは、一応、スーパーで中国産の野菜は買わないようにしているのです。以前、ブロッコリーを買って、すごく薬臭いと感じたので、それ以来買っていません。
それでなくても、いろいろ残留農薬のこととかもあるし。

それもあって、ちょっとこの食品、マイナスイメージが感じられます。

パッケージは、すごくきれいでインパクトあったのですが、味はイマイチです。もちろん、この味が好きだ!という人もいると思いますが・・・・。

あ、でも、これ、名称は「野菜スナック菓子」って書いてあります。
スナック菓子なんだ・・・・。

メーカーの思惑としては、「体に良いスナック菓子」というところでしょうね。

でも、そもそも身体に良いスナック菓子って、矛盾してます。野菜が身体にいいなら、そのまま野菜を食べたら良いと思います。なんのために、真空フライにするのか、そりゃ、美味しくするためだろうと思いますが、いやはや、本末転倒しているような気がします。

大塚食品に対しては、悪い印象はないですし、むしろ、健康的な食品を作っている会社のイメージがあるのですが、この「おー!野菜」は、ちょっと考えさせられるお菓子でした。
posted by キミやっこ at 22:31| Comment(6) | TrackBack(7) | めっけモン列伝

2006年04月14日

リケン ノンオイル

スーパーのエンドに山積みされていた「リケン ノンオイル」。試食もしていて、なかなか力をいれている様子だったので、一度お試ししてみましょうか、というくらいの軽い気持ちで購入。

一見、マヨネーズ。しかし、普通のマヨネーズの袋はたいてい透明ですが、これは、白地で中が見えない。白地に、ピンクのノンオイルの文字がカワイイ。脂質ゼロ、コレステロールゼロ、カロリー1/8は、なかなか引かれるキーワードです。

全体的に、濃いピンクの文字が目立っていて、どう見ても女性を意識している感じです。

non_oil_mayo.jpg

しかし、考えてみれば「ノンオイル」という商品名もすごいですね。要するに、油と卵を使うマヨネーズに対して、油と卵を使わないマヨネーズタイプ調味料らしい。正確にいうと、油と卵を使っていないので、マヨネーズタイプではなくドレッシングタイプ調味料であり、マヨネーズ風の味がする、ということらしい。

油と卵を使わないので、ヘルシー。ということなんでしょう。

リケンのホームページによると、ノンオイルのメリットとして、下記の3点があるそうです。

@ノンオイルだから、素材と和えても白く濁らず、素材の色も味も生きます。
Aノンオイルだから、加熱調理でアブラが出ません。
Bノンオイルだから、液体にも溶けやすい。

確かに、相変わらず、多くの女性はダイエットを気にしているし、コレステロールや中性脂肪に悩む中年男性も多い。そういう人向けの商品なんでしょうね。また、卵アレルギーの人でも食べられるというのは、すごく良いことだと思います。

以前、とある仕事で「コレステロールを下げるマヨネーズ」を調べたことがありました。マヨネーズは食べたいが、カロリーが気になる、という人向けの商品は、今、本当に多く出ています。

そこで、やはり一番のネックは「味」です。マヨネーズが好きという人は、何をさておいても、とにかくあの「味」が好きなのです。

反対に言えば、低カロリーもしくはノンカロリーは大歓迎なのですが、それでどこまで本来のマヨネーズの味を出せるか、というところが焦点になってくると思います。(ちょっと、オーバーかもしれませんが・・・)

ノンオイルの味は、キミやっことしては、ちょっと「ううむ」という印象です。マヨネーズの形状はしている、そう、見た目はマヨネーズなのですが、味は、ちょっと違う。微妙に違う。その微妙さが、重要かな、とも思ってしまったのですが・・・。

我が家には、中性脂肪に悩む人間が1名いるので、その人には、これを食していただこうと思います。が、これが無くなったら、また買うかな〜というと、ちょっとどうしようかな、というところです。
posted by キミやっこ at 17:07| Comment(1) | TrackBack(2) | めっけモン列伝

2006年04月13日

おっとっと たこ焼き味

ふだんは、この類のおやつは買わないのですが、カツノスケ(4歳児。仮名)のたってのリクエストにより、購入しました「おっとっと たこ焼き味」。

私は、このブログでよくパッケージの話をしますが、今回もパッケージがポイントです。4歳児の目には、この「おっとっと」の箱の絵がとてもおいしそう、面白そう、と映ったみたいです。

母親としては、「ノンフライ」「カルシウム豊富」を見て、「おお〜、そうなんだ〜」と、感心しておりました。

ottotto.jpg

さてさて、肝心の味です。たこ焼き味というよりは、「ソース味」です。そう、ソース味のおっとっと。青のりがほのかに感じられます。

キミやっこは、ノーマルな「おっとっと」、「塩味おっとっと」の好きです。ソース味の方が、若干こってりしてて、食べているうちに段々飽きてきてしまいます。と言いながらも、1袋、あっという間に食べちゃいました!(笑)

今度は、やっぱりいつもの「おっとっと」を買うぞ〜。

でも、「おっとっと」も息の長い商品ですよね。もう発売されてどのくらいになるのかな・・・?

これは、宿題にしておきます。
posted by キミやっこ at 17:49| Comment(2) | TrackBack(3) | めっけモン列伝

2006年04月12日

カゴメ 朝のフルーツこれ一本

出勤前、会社近くのコンビ二で見つけて、思わず買っちゃいました。
朝のフルーツこれ一本」、ネーミングにやられましたね〜。

ポニーテールの女の子がグビグビッと飲むイラストも、単純だけどかわいいし、「朝フルしません?」というキャッチも、どこかで聞いたことがありそうだけど、「まあ、今日は、朝フルしてみようっかな?」って思ってしまいました。

asafuru.jpg

会社について、よしっ!という掛け声とともに(ちょっと、オーバーですが)、飲みました。

あれっ・・・? 普通だ・・・・。ごくごく普通の濃縮還元果実ミックスジュースでした。

なんだか「これ一本」というネーミングとグビグビイラストに乗せられて、ものすご〜く期待していたみたいです。ちょっと恥ずかしいです。

味はごく普通。美味しいですが、とりたててどうこういう味ではありません。

でも、でも、こんなに期待を持たせるネーミングとパッケージは、すばらしい!(笑)

これを買うときは、これを飲めば元気出そうだ!と、思ったのですから、それだけで、もう商品としては合格です。キミやっことしては、ちょっと悔しいような気分ですが。
posted by キミやっこ at 15:31| Comment(43) | TrackBack(5) | めっけモン列伝

2006年04月11日

グリコ まゆたま

グリコの新作アイス「まゆたま」です。

白地の多いアイス売り場で、ひときわ山吹色のパッケージが、明るく目だっていました。山吹色のインパクトとともに「ま・ゆ・た・ま」というネーミングも、とってもかわいいです。思わず、「あ〜、ちょっとひとくち食べてみたい!」と思ってしまいました。 う〜ん、ネーミング大成功だと思います。

mayutama.jpg

袋を開けると、6つのまゆたまが、隙間なくきっちり入っていました。この隙間なく、というところがまたミソですね。キュッとしていて、カワイイ〜♪

肝心のお味ですが、まあ、ラクトアイスなので、あっさり系ですね。カスタード味は、こってりしすぎるよりこのくらいの方が、美味しいです。アクセントにカラメルソースが入っていますが、これは、少しお子様向けって感じで甘いです。キミやっこは、カラメルがないほうがあっさりして美味しいと思いますが、ひとくちめは、アイスだけ。ふたくちめは、アイスとカラメルソースの溶け合うハーモニーを味わう、というのも、いいかもしれません。

いずれにしても、かる〜い味わい、かる〜い口当たりのアイスです。

ちょいつまみするには、とてもよいと思います。

こってりアイスをガツンを食べたい!というときには、ちょっと物足りないかもしれませんが、こういうアイスもたまにはいいかもね・・・・。
posted by キミやっこ at 17:03| Comment(3) | TrackBack(1) | めっけモン列伝